鉄筋コンクリート住宅(RC住宅)の作り方

 

 

鉄筋コンクリート住宅の作り方

地盤調査

建物の支持地盤の深さや強度を確認します。ケースバイケースですが、ボーリングと呼ばれる工法や、スウェーデン式サウンディングと呼ばれる工法で調査します(写真はボーリング)。

 

地盤改良

支持地盤の深さや、土地の状態を考慮して地盤改良の方法を検討します。支持地盤が浅いと(2M以下程度)表層改良を採用し、それよりも深いと柱状改良を採用するケースが多いです。セメントとその土地の土を撹拌させて支持地盤や杭を作ります。(写真は柱状改良)

 

地鎮祭

土地の神様に工事の無事をお祈りします。

 

防湿シート工事

地面からの湿気が上がってこないようにする為に、防湿シートを施工します。

 

基礎工事

基礎配筋、基礎型枠を行います。木造住宅に比べて、配筋量やスラブの厚みが極端に大きいので、強度が強いのは勿論、その状態を目で確認する事で、家に対する安心感に繋がります。

 

コンクリート打設

基礎コンクリートを打設します。

 

壁配筋工事

壁配筋を行います(型枠から先に施工するケースもあります)。壁配筋はダブル配筋で行います。

 

壁型枠工事

壁型枠を施工します。

 

スラブ型枠工事

スラブ(床とか屋根の事です)型枠を施工した後に、スラブ配筋を行います。電気配線が後から出来るように、から配管(写真のオレンジ色の配管)を設置します。

 

コンクリート打設

コンクリートを流し込みます。打設工の方がコンクリートを流し込み、型枠にコンクリートが充填するようにバイブレーターをかけたり、木づちで型枠を叩いたりします。左官やさんがスラブを均します。

 

建物の階数が増えれば、配筋→型枠→コンクリート打設を繰り返して、上階を作っていきます。

 

サッシ取付

RC住宅の場合は、溶接によって強固にコンクリートの躯体にサッシを固定します。

 

断熱工事、壁下地工事

ウレタン断熱材を壁と屋根の内側に吹き付けます。一階床下にはボード状断熱材を施工します。屋根面の外側にもボード状断熱材を施工します。

断熱工事が終わったら、スタッドと呼ばれる軽量鉄骨下地にて、壁の下地を作ります。

外壁側や内部にコンクリート壁がある部分は、GL工法と呼ばれる、モルタル団子を壁下地に利用した工法で施工します。

 

内装工事

床を貼って、ボードを貼れば後は、クロスを貼って、照明器具を付ければ完成です。

 

 

 

防水工事

アスファルト防水やシート防水、ウレタン塗膜防水等、ケースバイケースで採用します。実績に優れた、アスファルト防水+押さえコンクリート(防水層の保護)を採用するケースが多いです。当社では屋根面は外断熱+内断熱を基本仕様としています。

 

屋上工事

手摺を設置して完成です。*屋根を写真のような陸屋根ではなく、木造住宅のような勾配屋根にする事もできます。

 

造作浴室工事

ユニットバスを置くことが一般的ですが、造作浴室を施工する事も可能です。

 

設備機器や家具の搬入

内装が仕上がったら、家具やトイレ、キッチン等の設備機器を取り付けます。

 

外部塗装工事、外部配管工事

コンクリート部分の保護の為に塗装を行います。塗装が終わったら足場を片付けて、外部の設備配管を行います(外部配管はスペースが無い場合は先行して行う事も多いです)。

 

外構工事

外部の擁壁を作ったり、コンクリート土間を施工して完成です。植栽がある場合は、最後に植栽を植えます。

 

 

RC造 解説動画一覧 


 

鉄筋コンクリート住宅をもっと身近に!富山県、石川県を中心に活動中!
株式会社RC design studio

メールto@rc-ds.jp

電話番号:076-461-5467

ページ上部へ戻る