未分類

Y邸、配筋検査

Y邸、二階型枠工事中です。型枠は一般的にはレッカーで持ち上げます。コンクリート型枠を横張で施工すると、ワンユニットが大きくなるので(W1800×H3000)とても人力で運ぶ事は出来ません。又ワイドが大きく回転も難しいので現場はなかなか大変です。この段階で配筋の検査を行いますが、同時に設備と電気の埋設部の内容を確認する必要があり、鉄筋コンクリート造は検査項目が多く大変です。打ち合わせのタイミングも鉄骨造や木造と比べ前倒しで行う必要があり管理者が慣れてないとスムーズに進行しません。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP