射水の家

射水の家 外壁工事

射水の家、外壁工事中です。コーナー部材の巾を違和感が無いように極力細くするような工夫をしています。

ところで、鉄筋コンクリート住宅の外断熱は木造住宅の外断熱(外張り断熱)に比べて合理的です。特に、木造住宅の場合は外壁の固定が工法的に上手くいきません。外壁を断熱材の奥にある木下地に固定する事になるので外壁が浮いている状態にどうしてもなってしまいます。手が釘だとすると、手を水平に伸ばした状態で重りを持っている状態になっているのです。そうした釘に負担がある状態で建物が揺れると外壁に落下のリスクが出てきますし、釘の緩み、釘周りの隙間の発生が問題になります。なので、木造住宅の場所は極力そのリスクを減らす為に外張り断熱の断熱材の厚みを薄くする事は最低限必要な事です。

鉄筋コンクリート住宅の場合はコンクリートを打設する時に断熱材と密着して一体化するので、断熱材と外壁下地が一体化した商品を使えば外壁がしっかり固定出来ますし、断熱材を厚くする事も簡単に可能です。

断熱にはコンクリート住宅が最適です。

*そもそも、厳密には外断熱とはコンクリート造の断熱工法です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP