外断熱・全館空調(岐阜県大野町)

岐阜県大野町の家

所在地:岐阜県揖斐郡大野町
構造 :鉄筋コンクリート造 平屋


岐阜県大野町の家は、岐阜県揖斐郡大野町の田園風景が広がる中にある、昔ながらの住宅地の一角にあります。冬には雪も積もり気温も下がる土地なので、外断熱と全館空調を組み合わせた、一年中建物のどこでも快適に暮らせる家づくりをお施主様は希望されました。又、大野町の家は、温度管理だけではなく湿度管理も行う事で、冬場は乾燥せずに風邪をひきにくい環境を作り、夏場はからっとした過ごしやすい環境を作り出せるように、設備機器を選定しました。

プラン的には、LDK空間を中心に、各居室を隣接させ一体感のある暮らしを作り出しています。大野町の家は、平屋の住宅なので、高齢者になっても暮し易く、生涯に渡って安心して暮らせるプランとなりました。鉄筋コンクリート住宅が作り出す、包み込まれるような安心感が、家族の生活を守る事を期待してデザインしました。

 

 

 


外断熱

岐阜県大野町の家では、外断熱に断熱型枠を採用しています。断熱型枠は、鉄筋コンクリート住宅で外断熱を採用する場合の当社の標準的な施工方法です。型枠と断熱材を兼用して施工するので、コンクリートに対して断熱材が密着して、断熱材とコンクリート躯体とに全く隙間を作らない工法になります。コンクリート躯体の気密性と、外断熱を組み合わせる事で、長期的に性能劣化の極めて少ない、安定した断熱性と気密性を確保します。

 

全館空調

岐阜県大野町の家では、全館空調システムを導入しています。高気密、高断熱住宅にする時に合わせて注意深く計画しなければならないのが、換気計画です。せっかく、高性能の建物を作っても、外部の冷たい空気をそのまま導入して換気をしていては、熱効率の非常に悪い住宅になってしまいます。岐阜県大野町の家では、熱交換率90%の全熱交換機によって、換気による熱損失を極限まで抑えた計画としました。又、換気計画と冷暖房計画を一体的に行い、室温を維持しながら換気を行う計画としています。この全館空調の考え方は、北欧では一般的ですが、日本ではまだまだ普及していません。ですが、温度差の少ない家づくりは、体に負担が少なく、住んでみると元の温度差のある生活スタイルにはまず戻れません。それ程に、体が求めている空調方式なのです。又、岐阜県大野町の家では温度と共に、湿度も管理するシステムを導入しました。人が快適に暮らす時に、調湿は実はとても重要です。夏場は湿度が低ければ、温度がある程度高くても快適ですし、逆に、冬場は湿度をある程度高くすると、温度を下げても快適です。

ミスナールの計算式(改良版)で計算すると
室温23℃ 湿度30%だと 体感温度は20.7℃になります。
室温23℃ 湿度50%だと 体感温度は21.8℃になります。

調湿によって体感温度が1℃程度違ってくる訳です。
その他にも、乾燥肌の人にメリットがあったり、ウイルスに感染しにくくなったりと、健康面でのメリットも大きいです。勿論、据え置き型の加湿器で調節する方法もありますが、水の入れ替えが面倒ですよね!初期投資は必要ですが、調湿を検討してみる価値が十分にあります。

*全館空調は、馴染みが少ない事もあって、適切な設計技術が住宅業界に普及していません。空気で冷房も暖房も行うのは、同じエアコンで行えるのでイニシャルコストの圧縮にも繋がるのですが、設計プランニングに依存する部分が多く、設計者の技量によって結果が全然違ってしまう問題があります。

デシカホームエア/DAIKIN

 

トリプルガラス窓

岐阜県大野町の家では窓にトリプルガラスを採用しています。建物の性能は全体的にバランス良く上げていく必要があります。気密性を確保し、断熱材を厚くし、熱交換を行い、サッシの断熱性、気密性を上げる。これらを、バランス良く性能を上げ、同時に適切なプランニングにする必要があります。大野町の家は、窓面積を適切な量の押さえ、熱効率を重視したプランニングを採用しました。

関連商品

  1. 段々形状の家

    H31・4竣工予定 鉄筋コンクリート造 4階建

  2. 街中の家

    H31.3竣工予定 鉄筋コンクリート造 2階建

ページ上部へ戻る