段々形状の家

所在地:富山県富山市
構造 :鉄筋コンクリート造 5階建


段々形状の家は、上階に行くに従って道路面からセットバッグしていく家です。各階に立山側にバルコニーがあり、眺望を室内に取り込む工夫を行っています。セットバック形状は構造的に複雑になりますが、壁式鉄筋コンクリート造の場合は対応可能です。この形状を実現できる唯一の工法と言えます。

 

各階に配置したバルコニーからは、周囲の田園風景が見渡せます。バルコニーでバーベキューをしたり、運動をしたり、子供と遊んだり、日常に開放感をプラスする場所になっています。

 

多くの来客を想定した応接空間です。窓からは立山連峰が見渡せ、開口的なプランとしています。

 

タイル空間の可能性について解説しました。

壁式鉄筋コンクリート造は複雑な形状にも対応可能です。

階数が上がると景色が全く違ってみえます。その違いについて解説します。

関連商品

  1. 街中の家

    鉄筋コンクリート造 2階建

  2. 外断熱・全館空調(岐阜県大野町)

    鉄筋コンクリート造・平屋

ページ上部へ戻る