RC design studio

バルコニー空間とリビング空間を一体的にデザインした家

バルコニー空間とリビング空間を一体的にデザインした家


この住宅は【どうしても澤田さんに作ってほしい】という、お客様の熱い思いに半ば絆されて実現した住宅です。
ある時、「福岡なんですが設計して貰えますでしょうか?」という一本の電話がかかってきました。
当初私は、福岡か~~。ちょっと遠いかな・・・。と思って断ったのですが、どうしても一回あって欲しいという事で、わざわざ福岡から富山まで
来社されて打合せした結果、そこまで言われて断るもの野暮だな・・・。と思い直して、設計させて頂いた物件です。

自分で詳しく図面を書かれていて、具体的な要望が明確なお客様でした。その思いを受け止めながら、より良いものになるように設計し無事完成したのがこの建物です。
構造的にも構造設計事務所とかなり打合せを行い、通常住宅規模では出す必要のない【適合判定】という特殊な構造計算の検査行い実現した建物です。

内部デザイン的にはホテルのような住宅にされたいという事でした。出張や旅行で色んなデザインされているホテルに宿泊されておられるお客様で、その宿泊されているホテルのような高級感あるデザインを住宅に取り入れたいという事で、お施主様の要望に合わせ間接照明やガラスを多用し、通常の住宅の内装デザインとは一味違ったグレードの高いデザインを作り出しました。

南側の公園に大きな桜の木があり、その桜の木を眺める為にリビングには大きな窓があります。この桜の木が気に入ってこの敷地を買われたそうで、四季の変化を桜の木が教えてくれるプランになっています。

基本的にはお施主様の要望通り設計したのですが、唯一手を加えたのがバルコニーに巨大な屋根をかける事でした。ここに巨大な屋根をかける事で、建物の形状をスッキリスクエアにし、バルコニーに内部性が生まれ、構造的にも吹き抜けの変形しやすい弱点を屋根面で補強する構成にしています。デザイン的にプラスにしながらも、構造的にもプラスにし、大きな吹き抜けの窓に直射日光が入らない日よけの役目や、電車が高架橋に移動した際の遮音パネルの役目等、この屋根には多くの役目があり個人的には実に上手く要望されているプランの整合性を上げれたと思っています。

造作家具や造作建具が多く、必然的に打合せ内容も盛沢山な物件でしたが、お客様の住宅完成に向けての前向きな姿勢や施工業者の適切な対応、前向きに工事に取り組む電気屋さん、設備屋さん、家具屋さんによって、難易度の高い物件でしたが無事完成させる事が出来ました。私自身、この建物に関わる事で勉強になる事も多く、確実に建築家としてレベルアップする事が出来ました。


地域:福岡県
構造:壁式鉄筋コンクリート造
階数:3階建
延床面積:334㎡
施工面積:423㎡


後日、施工業者共どもホームパーティに及ばれいたしました。
奥様が飾り付けを教えておられるプロの方で、見たこともないような飾り付けや料理を作って頂き、こんなホームパーティがあるんだな~~と感動いたしました。

ご主人様がサウナにはまっておられて、建物を引き渡した後に施工業者とご主人様とで一緒にサウナに行ったのですが、一緒に建物を作り上げたチームで最後にお風呂に入るというものオツなものでした。
私自身、お風呂は好きだったのですが、ご主人様の影響でサウナも好きになり、ちょいちょいサウナに行くようになりました(笑)。

 


お施主様のご厚意でユーチューブにも協力して頂き、これから住宅を計画される方に参考になる動画を沢山制作させて頂きました。

 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP